窓ガラスの種類について

割れた窓のガラス

窓ガラスに使われているガラスには、透明なガラスやワイヤーが入ったガラス、ガラスの向こう側がぼやけて見えるガラス等、様々なガラスが使われています。

ここでは、窓ガラスで使われているガラスについてご紹介いたします。

フロートガラス

フロートガラスは、透明ガラスとも呼ばれる一般的な透明のガラスです。

一枚だけで見ると透明に見えますが、複数枚重ねたり、厚みのあるフロートガラスを見ると緑色に見えます。

窓のガラスが透明の場合は、このフロートガラスの可能性が高いです。

網入りガラス

網入りガラスは、ガラスの中にワイヤーが閉じ込められているガラスです。

ガラスの中にあるワイヤーにより、ガラスが割れた時にガラス片が落ちにくくなっています。

しかし、ワイヤーがある為、他のガラスと比べて「熱割れ」や「錆割れ」が起こりやすいです。

網入りガラスには、ヒシワイヤ・クロスワイヤ・プロテックスという種類があり、プロテックスのみ防火設備に認定されていません。

また、各網入りガラスには、ガラスがクリアな磨と、ガラスの向こう側がぼやける霞の2種類ずつ存在しています。

すりガラス

すりガラスは、フロートガラスに不透明な加工を施したガラスです。

ガラスの向こう側がぼやけて見える為、目隠し効果が期待できるガラスです。

しかし、水に濡れると透明度が増し、目隠し効果が薄れてしまう為、水を取り扱う場所での使用には注意が必要です。

型板ガラス

型板ガラスはガラス面に型模様が付いており、これによりガラスの向こう側がぼやけて見える為、目隠し効果が期待できます。

すりガラスとは異なり、水に濡れても透明度が増さない為、浴室のドアや窓、その他、プライバシーを確保したい場所で使用されています。

複層ガラス

複層ガラスはスペーサーと呼ばれる金属部材で、2枚以上のガラスの間に乾燥空気もしくはアルゴンガスを封入した中間層を持ち、一枚ガラスと比較して高い断熱効果が期待できるガラスです。

使用するガラスが型板ガラスやフロストガラス、網入りガラス等によって、様々な効果を持たせられます。

まとめ

窓のガラスには、透明ガラスや網入りガラス等のガラスがあり、使用するガラスにより様々な効果が期待できます。

また、一枚ガラスよりも断熱効果の高い複層ガラスというものがあります。